謙虚な気持ちでゴルフを探求して行きます!!初心者からアベレージゴルファー、上級者にも楽しめるブログです。さぁ~今日も一緒にナイスバーディー!!

飛ばしの重要なポイント!ドライバー編!スタンス幅の目安教えて!!

2018/08/02

ゴルフ上達への学び!!へようこそ!!

 

 

本日も、ご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、ドライバー編続けますね。

 

前回の電電太鼓の記事、見てもらえましたか??

見てない方は、⇒こちらをご覧下さい。

まだであれば、是非みて、学んでください。

 

本日は、スタンス幅の基本(目安)から行きましょう!!

 

 

 

ドライバーのスタンス幅はどれくらいが目安??

 

アドレスはスイングの土台となります。

アドレスの基本が出来ないと、ナイスショットの確率は激減します。

 

目安として、両足は、平行ではなく、少し、つま先側が開き、

かかと~かかとで、50センチ~60センチが目安の幅です。

肩幅もしく肩幅よりやや、10センチ程度広い感じです。

 

 

 

ちなみに、6番アイアンが、長さから丁度中間のクラブとなりますが、

25~35センチ位の幅目安となります。

 

足の長さは、人それぞれですので、±10センチ程度で、自分のスタンスを見つけて下さい。

 

アドレスを取り、背筋を伸ばし、股関節から前傾して行きます。

その際、お尻を少し突き出すイメージで構えます。

私の場合は、腹の下に力を入れ、両足の付け根に軽い緊張(張り)を感じるポジションを目指します。

その際に、ひざは、軽く曲げます。

 

グリップについては、極力軽く(ゆるゆる)に握り、右打ちの方は、右手が下にありますので、若干

曲げて構えます。右手が突っ張っていると、右手を上から押さえつけるような、かぶる構えとなります。

これ、意外と多いので、チェックポイントとして下さい。

 

両足の体重配分ですが、右50対左50の均等配分として下さい。

重心は、前回も申し上げました通り、土踏まず周辺に置きます。

 

前傾角度はどれ位??

 

 

ドライバー、3番ウッド、5番アイアン、7番アイアン、、、、、、、!!

番手が下がるごとにクラブは、短くなって行きます。

 

前傾角度は、ドライバーが一番浅く、短くなるほど、前傾角度が深くなります。

短いクラブでは、背筋に緊張感(張り)を感じていないと、猫背になります。

 

普通に座っている時も、猫背はあまりお薦め出来ません。普段から、背中に

緊張感を持つことって大切かもしてません。もちろんゴルフに繋がります.

 

いよいよ、スイングプレーンに乗せ、打ち出し開始!!

 

 

ハーフウエィバックのポジションで、クラブのフェイス面は、前傾した背骨と平行です。

ハーフウエィバックとは、ゴルフクラブのシャフトが、地面と平行になる当たりです。

 

さて、ここで体重配分について考えてみましょう!!

アドレス時右50対左50の均等配分で、重心は土踏まず付近にあったと思います。

 

ハーフウエィバックになる段階で、右のかかとに80%、左足の母指球(前方)に20%の

体重配分が目安となります。

体重移動は、実はここで終わりなのです。すごく大事です。

これ以上のことをするから、スウェイ、体の回しすぎ等の問題が起こります。

 

ここで、オープンフェイス、シャットフェイスついて、考えて行きましょう!!

オープンフェイス

ゴルフクラブが、背骨を軸として前傾角度を変えずに引きことの出来ない、初心者に大変

多い形となります。

繰り返しますが、ゴルフクラブのフェースの向きがインパクト時、どこを向いているか?

で、ボールの飛球方向は決まります。

オープン、開いていることであり、右に飛んで行きます。

そうです!!「スライス」です。圧倒的にスライスに悩んでいる人が多いと思います。

 

難しくありません。私の大好きな、「シンプル思考がゴルフを変えます」

 

そうです!!また出ました。電電太鼓です。

背骨を軸として、前傾姿勢を変えずに、ゴルフクラブは、真っすぐ引きます。そこに、回転運動が加わり、

同じ軌道に降りてくる。

結果的に、クラブフェイスが、真っすぐ当たり、インパクト!!これだけなんです??

内側に引こう、外側に引こうではないんです。

 

シャットフェイス

 

ご存じの通り、フェイスを開くと、スライスになることを理解し、スライス防止のために、こうなって

いる方も、多いと思います。

 

閉じたままで、閉じたまま、インパクトを迎えると、当然、フックかドフックです。

 

言葉で、理解しにくい場合、是非実践してみて下さい。やってみないと、解らないのです。

オープンフェイス、シャフトフェイスに挑戦し、次に、スクエアなスイングを試す。

これ、以外に正しいスイングの近道かもしてません??

 

例えば、スライスの正しい打ち方が解れば、木の左を通し、スライスさせれば、フェアウエーに行ったり、

大きく、左に曲げたいと思えば、最初からフェイスを閉じ気味にインパクトすれば、どのような球がでるか知っておくこと

って大事ですよ。

 

真っすぐ打つのが目的ですが、曲がった学びが以外に人生を豊かにしてくれるかもしれません。

 

この後も続きますが、あまり一気に進めると、疲れてしまうので、本日はこの辺で!!

 

 

本日のまとめ

  • ドライバーのスタンス幅の目安は、肩幅程度
  • 前傾角度は、クラブにより違います。短くなると、前傾が深くなります。
  • スイングプレーンに乗せ、真っすぐ引き、前傾角度を変えず打つことが大切
  • オープンフェイスは、スライスへの近道
  • シャットフェイスは、ドフックへの近道
  • どんな球が出るか自分で経験し、正しい軌道を覚えよう
  • シンプル思考が、ゴルフを簡単にします

 

では、またみて下さい。

 

 

 

LINE@はじめました!!

友だち追加

    お気軽に友達追加してください

おすすめゴルフ教材ベスト5
7日間シングルプログラム
100切りしたいゴルファー必見!!
女性専用のゴルフ教材はこれに決定!!
女性初心者に優しくかわりやくすく説明しているおすすめメゾット
谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
ゴルフシンプル理論【究極の学び】は頭も柔軟に!!
【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム
あと30ヤード飛距離が伸びればコンペでのドラコンも可能ではないですか??すぐそこに夢を叶えるヒントがあります!!あなたはどうしますか?やってみますか?見過ごしますか?
初心者専用ゴルフスクールサンクチュアリ | 初心者向け・少人数ゴルフレッスンはここに決めた
こんなに便利でゴルフが覚えられる綺麗なゴルフスクールを探していました。早くコースを回れるくらいになり、彼氏とラウンドしよう!!ああ~楽しみだ!!