謙虚な気持ちでゴルフを探求して行きます!!初心者からアベレージゴルファー、上級者にも楽しめるブログです。さぁ~今日も一緒にナイスバーディー!!

ゴルフ練習場での練習方法!!クラブの使用の順番を考え上達しよう!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

本日は、ゴルフ練習場での練習の方法について学んでいきましょう!!

色々なタイプの方がいるので、正解がないのが正解です。

私の持論ですので、信じる方は、必ず上達があるでしょう。

真実かそうでないかは、試してからご判断下さい。

さぁ~!!やってみよう!!

 

いきなり、ドライバー振り回すことはやめよう!!

 

でも、初心者に多いと思いますが、いきなり「ドライバー」を持ち出し、

力任せに、1球??  いやいや、、、、?????

20~30球 打ってるんですよ!!

ボールは、スライスが多いですが、玉にドフック!!

 

基本、基本と言ってますが、全くの素人と言って良いでしょう!!

 

例えば、100mのランナーが、全く練習、助走なしに、全力で走りますか????

 

野球のピッチャーが、投球練習なしに、全力で、投げ込みますか????

 

そうなんです!!

助走、肩慣らし、、、、、、そうです!! 身体を慣らす必要があるのです。

 

勿論、ストレッチ、軽い素振り等で準備運動が終わり、

コースでのスタートをイメージし、ドライバーからの打ち出しを

することは、勿論OKです。

 

 

で、あれば、2球目は、ウッド系、高番手アイアンに持ち帰るのなら解ります。

 

コースを想定したクラブを使用する

これは、コースを想定した練習ですから、1球毎に選択クラブは当然変わります。

 

まずは、身体にイメージを植え付ける、バットがあれば、バットの素振りを全身を使い、

ゆっくり振り込み、バットがなければ、重めのウェッジ2本を持ち、ゆっくり素振りにて振り込み、イメージを付ける。

 

そして、ウェッジ、ピッチング等短めのクラブで、15ヤード、30ヤード、50ヤードと、

5球~10球ずつイメージを大事にし、

打つと言うより、素振りの途中にボールがあるイメージで、身体を慣らす。

 

不思議なもので、身体の調子により、昨日のイメージとは違い、ましてや、

1週間ぶり、1か月ぶりなんて言ったらなおさらですが、

入念にイメージを作ることが大事です。

 

それから、番手を上げて行き、7番アイアン、5番アイアン、ユーティリティ、

ウッド系と番手を上げて、イメージをどんどん膨らませて行く

ことがとても重要だと考えます。

 

そして、ドライバーに入ります。

そして、どうしても、ドライバーを沢山打ちたくなる気持ちは、よ~く解ります。

でも、全体で150球打つとすれば、せいぜい、10球~20球で十分です。

 

短めのクラブで基礎ができれば、

自然にドライバーは、打てるようになります。

 

そして、イメージの良かった番手は、それでいいので、イメージの悪いクラブ、

おかしいな~と感じたクラブを中心に練習すると、

良いと思います。

ここが大事!!

そして、長い番手でつまずいたら、短いクラブに戻り、「腰から腰」、「肩から肩

の大振りしないスイングで、自分を見つめ直していくと、

繰り返しによる反復効果で、身体がゴルフを覚えて行きます。

 

本日は、練習方法についての基本的な学びでした。

 

では、、またみて下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です